自己破産後、闇金融業者から連絡がきたのはなぜか

自己破産後、闇金融業者から連絡がきたのはなぜか

自己破産後、闇金融業者から連絡がきたのはなぜか

多重ローンなどを抱えて返済不能となった人が、自己破産後に闇金の被害に遭う事件が多く発生しています。会社にも家族にも知られないようにしたはずの自己破産後に、なぜ闇金融業者からの連絡があるかというと、自己破産をすると、国が発行している「官報」というものに名前が載るからなのです。官報自体は一般に公開しているものですが、なかなか普通の人が目にすることはありません、しかし闇金にとっては絶好カモ、金のなる木のリストなのです。
自己破産後というのはいわゆるブラックリストに載ってしまい、5〜7年の間、融資を受けたり、消費者金融を利用することが出来なくなります。そこで官報を見た闇金業者が、甘い言葉を使って誘惑してくるのです。お金が必要な人にとっては、相手が誰だろうと目先の支払いをするために、すぐにでも現金を借りられる闇金というのは、ある意味最後の頼みの綱、魅力的に見えてしまうのです。
そして一度でも借りてしまうと、抜け出せないのが闇金の恐ろしさです。元本をはるかに超える、法外な利子をつけて、ヤクザまがいの暴力的な手口で執拗な取り立てをしてきます。
冷静に考えれば、闇金の営業自体が出資法違反なので、支払いに応じる必要はないのですが、当事者にはいろいろと負い目があるため、そこに付け込む業者の餌食になってしまうのです。もし自分がそうなったら、はっきりと「支払いません」と伝え、取り立てがしつこく続くようであれば弁護士に相談してみると良いでしょう。多少のお金はかかりますが、すぐに取り立ては終わります。


ホーム RSS購読 サイトマップ